シロアリ対策

シロアリとは?

シロアリは枯死植物を食べる昆虫で、基本的に攻撃能力はほとんどありません。またシロアリはすべて巣穴を作りその中に王と女王が住み働きアリが餌を運びます。巣穴は餌となる木材の中に作るものや地中に作るものが多いのですが、盛り上がったアリ塚(蟻塚)を地表に作る(熱帯に多い)ものもあります。
日本に生息するシロアリは22種類が知られており、その中で建物に侵入・加害する主なシロアリはイエシロアリ、ヤマトシロアリ、ダイコクシロアリの3種類で、いずれのシロアリも沖縄に生息しています。

 

主なシロアリの種類と生態

イエシロアリ

イエシロアリ

形態

兵アリ・職アリ:体長3.5〜6mm
頭は卵型で体は乳白色で頭部が淡黄白色。
有翅虫:体長7〜9mm〈翅9〜13mm)
頭が褐色で他の大部分は黄褐色で翅は淡黄色で透明。
女王アリ:体長約40mm

性質

社会生活を営み、木材の中でも特に湿度の高い場所の木部を好みます。他にも、畳、立木、コンクリート、プラスチック、金属までも食し、地中や建築物の中などに塊状の巣を作り水を運ぶ能力も有します。巣の群(コロニー)は100万匹に達する巨大なものになり、羽アリは風のない夕方から夜にかけて群飛することが多く走光性もあるため夜間の光にも飛来します。加害スピードが非常に早く、建築物への被害が大きく、また沖縄県の白アリ被害の8~9割りはイエシロアリため注意が必要です。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ

形態

兵アリ・職アリ:体長3.5〜6mm
体が乳白色で頭部は淡黄白色。兵アリの頭部は長方形。
有翅虫:体長5〜7mm〈翅7〜8mm)
胸が淡黄白で他の大部分は黒褐色。翅は暗褐色。
女王アリ:体長11〜15mm

性質

イエシロアリと同様に社会生活を営み、木材の中でも特に湿度の高い場所の木部を好みます。1つの巣の中の個体数はイエシロアリのように多くはありませんが、野外などに多くのコロニー(個体群)が分散し地中を移動しながら餌を探します。羽アリは主に4〜5月(沖縄では2〜3月)に現れますが、走光性はなく照明に飛来しないといわれています。

ダイコクシロアリ

ダイコクシロアリ

形態

兵アリ・職アリ:体長3.5~5.5㎜
有翅虫:体長5~6㎜
体色は黄褐色。(羽の色は無色と・半透明)
女王アリ:体長約10mm

性質

ダイコクシロアリは沖縄県に集中しており、奄美大島以南や小笠原諸島に分布しており、兵隊アリの体長は4~5ミリ、頭部はよく発達していて外敵が来た場合に坑道を頭部で塞ぎます。

このダイコクシロアリは、乾燥にきわめて強く湿気を嫌い、生息には特別に水分を必要とせず木材中の水分だけで生きています。コロニーは小さく特別に加工した巣や蟻道を造ることはありません。羽アリは3~11月の夕方から夜にかけて小規模に行い、光に集まる性質があり電灯によく集まってきます。乾材シロアリの一種で習性はアメリカカンザイシロアリに似ていて、ピアノ、ステレオ等の家具類も蝕害します。

ダイコクシロアリの被害には、くん蒸などの特別な対策が必要です。

 

シロアリ対策のポイント

ベイト工法(環境に優しくお子様やアトピー対策の安心工法です)

ベイト工法と言う名称は、シロアリの駆除剤を混入した餌(ベイト剤)をシロアリに摂食させて、シロアリの集団を死滅させるシステムに対して(社)日本しろあり対策協会が付けた名称です。ベイト工法のコンセプトはIPM(総合的害虫管理)の理念に沿ったもので、レスケミカル(少量 の薬剤)によって薬剤の環境負荷を低減するシステムです。この工法は、従来工法の約千分の一という少量の薬剤を使い、しかもその薬剤が環境へ流失しない閉鎖系のシステムです。

 

シロアリ駆除/ベイト工法

シロアリは生活環境のあらゆる箇所から進入してきます。

 

沖縄サニタリー株式会社では、シロアリ防除の新システム「セントリコン・システム」を採用しています。

 

 

セントリコン・システム
セントリコン・システムとは?
セントリコン・システム
セントリコン・システムは、習性を利用した新発想の防除工法。巣ごと退治するシステムです。

床下に防蟻剤を散布するのがいままでの防除工法。シロアリが家屋に侵入しないようバリアをつくる工法で、根本的な防除法ではありません。地中のコロニーは温存され、防蟻剤のバリアに隙間ができると再び侵入する危険性があります。そんな従来工法の問題点をクリアしたのが、セントリコン・システム。シロアリの習性を利用して巣ごと退治する防除法です。
シロアリは新たな餌場を見つけるとフェロモンによりそこに仲間を誘導する習性があります。セントリコン・システムはこの生態を利用。シロアリが好むように調整した薬剤を使用し、つぎつぎと薬剤を摂取させます。コロニー(巣)のシロアリ全体に薬剤が行きわたることによりシロアリを巣ごと壊滅させる根本的な防除法です。

 

セントリコン・システム
薬剤を大量散布する工法と違って臭いもなく、人にもペットにも安心です。

セントリコン・システムはシロアリの活動の調査を基本とした、全く新しい概念に基づくシロアリ防除法です。従って、シロアリの活動が認められない間は薬剤を全く使用しません。定期点検の時にシロアリがみつかれば、その時にはじめて、しかもシロアリの検知されたステーションにだけベイト剤を投与します。シロアリのコロニーを壊滅させた後に残った薬剤は回収しますので、環境中に出る薬剤はシロアリによってシロアリの巣に運ばれた部分だけ。ただでさえ安全な薬剤を本当に必要な量だけ使う、だからセントリコン・システムは安全なのです。しかも人やペットが薬剤に直接触れない新手法。薬剤使用量もごくわずかです。
薬剤は特殊な容器に納めて地面に埋め込まれますので、人やペットが薬剤に触れる可能性はほとんどありません。薬剤の使用量も、1つのコロニ-を駆除するのに多くても約1gとごく微量。従来の工法と較べて、1500分の1~2000分の1以下です。また使用済みの薬剤は、厳密な管理のもとに回収しますので安心です。

 

セントリコン・システム
暖かくなる前の対策が最も効果的。しかも将来にわたって予防できます。

暖かくなると活動をはじめるシロアリ。セントリコン・システムは活動の最盛期の前に施工を開始するのが最も効果的。お早めにご相談ください。
根絶したあとも被害の再発をしっかり防止します。
セントリコン・システムは、薬剤でシロアリを駆除したのちも再侵入をしっかりと監視。被害を未然に防ぎ、大切な家屋を末永く守り続けます。

 

シロアリの生態を熟知したプロが、4つのステップで家をまもります。

詳細は下記の各ステップをご確認ください。

 

 

セントリコン・システムで使用する器材

・セントリコン・ステーション
地面に埋め込み、モニタリング・デバイスや
ベイトカップを収納
・モニタリング・デバイス
シロアリの活動状況を調べる餌木
・ベイトカップ™
シロアリを駆除する薬剤入りの容器
・リクルート™AG
地上に設置するシロアリ駆除用の器材

セントリコン・システムで使用する器材

STEP1

セントリコン・ステーション設置

セントリコン・ステーション設置

独自のツールを家の周辺にセット

専門の施工技術者が、床下や屋根裏、庭木など、シロアリによる食害状況や活動範囲をあらかじめ調査。その上で、セントリコン・ステーションを設置します。

STEP2

モニタリング

モニタリング

シロアリの活動状況を調べます。

セントリコン・ステーションに納めたモニタリング・デバイス(餌木)を定期的に点検して、シロアリの存在や食害の有無などを確認します。

STEP3

ペイティング

ペイティング

シロアリを確実に根絶します。

シロアリの存在を確認したら、餌のように調製した薬剤が入ったベイトカップを設置。シロアリのほとんどが薬剤を摂取して、数カ月でコロニー全体が死滅します。

STEP4

再モニタリング

再モニタリング

新たな被害を未然に防ぎます。

シロアリの死滅後も、再モニタリングを行い、新たな侵入がないかを引き続き監視。侵入があるとすぐにベイト剤を投与し、駆除へ。

 

※その他、通常のバリア工法、白アリ対策、ヤキクイムシ、シバンムシ等の建築物害虫の対策も行っております。専門のスタッフまでお気軽にご相談下さい。

 

シロアリ対策

シロアリ対策についてのお問い合わせは、
下記までお願いいたします。


沖縄サニタリー株式会社
電話番号:098-868-8458
E-Mail:info@okinawa-sanitary.com


お問い合わせはこちら

このページのTOPへ