飲料水タンク清掃

飲料水タンク清掃

飲料水タンク清掃イメージ

貯水槽は建物の中でも一番風雨にさらされる過酷な場所に設置されていることが多いため、その耐用年数は15年~20年といわれています。風雨や紫外線によって貯水槽の表面が劣化し、貯水槽本体の強度が低することにより、漏水等のトラブルを起こす原因にもなっています。

 

  • 貯水槽の点検、整備、清掃を行っていますか?
  • 貯水槽の水質検査を行っていますか? あなたの飲み水は安全ですか?

 

見落としがちな飲料水タンクですが、適切なメンテナンスをおすすめ致します。

貯水槽の衛生管理について

貯水槽の中も、そのポットと同じような状況が起きています。特に沖縄は本土と比べて水事情が厳しい状況にあるため、多くの家庭で貯水槽を設置していますが、設置後そのままほったらかしの状態にある場合、水の味や臭いの異常や赤い水が出たりするなど事故の発生につながるケースが多くあります。

 

  • あなたが毎日使っているポットを1年間洗わずにいたら・・・
  • そのポットの中がどうなっているか不安ではありませんか?

 

貯水槽の管理方法

  1. 管理基準・・・・・・・1年以内ごとに1回、厚生労働大臣の指定機関で検査を受ける。
  2. 貯水槽の清掃・・・1年に1回以上、定期的に貯水槽の清掃を行う。
  3. 貯水槽の点検・・・定期的に貯水槽の点検を行う。
  4. 緊急給水停止・・・供給する側が、人体の健康を害するおそれがあると知ったときは直ちに給水を停止しその水を飲まないように利用者に知らせなければならない。

 

※上記は有効容量が10m3以上の場合です。

  有効容量が10m3以下に関しては、各市町村の管理基準にしたがって管理する義務があります。

 

貯水槽管理の具体的な方法

飲料水タンク清掃イメージ

 

水質事故の主な原因(清掃前・清掃後)

飲料水タンク清掃イメージ

 

貯水槽点検時のチェックポイント

貯水槽点検イメージ
  1. 貯水槽の周辺は清潔に保たれているか?
  2. 貯水槽のふたはきちんと施錠されているか?
  3. 貯水槽の中に異物の混入はないか?
  4. 貯水槽の周辺に汚染の原因となるものはないか?
  5. 貯水槽にヒビ割れや水漏れ等はないか?
  6. オーバーフロー管や通気孔の防虫網等に異常はないか?

 

貯水槽清掃作業要領

作業前準備(事前準備)
  1. 現場調査及び打ち合わせを行います。
  2. 作業工程表を作成します。
  3. 作業には貯水槽清掃作業監督者及び従事者教育を受けた者を配置します。
  4. 清掃作業時の服装には専用のものを使用し、常時清潔を保ちます。
  5. 清掃作業に使用する資機材は専用のものを使用し、随時消毒を実施し清潔を保ちます。

 

清掃作業
  1. 着手前準備
    • 作業用具の点検・整備を行います。
    • 床面マンホール等開口部の第三者落下防止処置(作業中屏風の設置)を行います。
    • 地下ピット式の場合、全てのマンホールを開け排気ファン及びダクトを設置し換気処置を行います。
    • 酸素濃度の測定を行い、有酸素を確認後、作業に着手します。
    • 防露型照明器具を設置し、作業の安全が確保できる照度を維持します。
  2. 付帯設備の作業前確認
    • 槽内への給水装置(ボールタップ・定水位弁など)の作動点検を行ない、正常を確認後、給水を停止します。
    • 揚水ポンプ及び加圧給水ポンプの運転状況(電流値・圧力計・異音・振動等)を確認し、停止します。
  3. 清掃作業
    • 槽内清掃・点検
      • 水抜き弁を開き、排水を開始します。地下ピット式の場合、排水ポンプを設置し所定の箇所(排水槽等)に排水します。
      • 槽内の六面(床・壁・天井面)を専用資機材にて清掃し、亀裂・劣化等の点検を行います。
      • 接続管・弁・機器類を清掃します。
      • 給水装置のバルブを開け、錆び水を排出します。
      • 満減水装置(電極棒等)を点検・清掃し、作動点検を行います。
      • 水洗いを行います。洗浄水は完全に排水・除去します。
      • 有効塩素50~100mg/ℓの濃度の次亜塩素ナトリウム溶液にて槽内を消毒します。
        消毒後30分間放置し二度行います。
        ※高置水槽の清掃に関してはパネルタンク式受水槽清掃要項に準じます。
    • タンク天井上部の清掃を行います。
    • 受水槽室内及び地下ピット式の場合はマンホール周辺の清掃を行います。
    • 給水装置にて給水を開始します。

 

作業報告
  1. 作業報告書を作成し、写真を添付し報告します。
  2. 不良箇所があった場合、写真を撮影し報告します。
    (お客様から依頼のあった時のみ見積書も提出)
  3. 点検状況に応じて、貯水槽の維持管理の為の修繕計画を作成します。

 

※その他各種水質検査も行っております。専門のスタッフまでお気軽にご相談下さい。

 

飲料水タンク清掃

飲料水タンク清掃についてのお問い合わせは、
下記までお願いいたします。


沖縄サニタリー株式会社
電話番号:098-868-8458
E-Mail:info@okinawa-sanitary.com


お問い合わせはこちら

関連サービス

このページのTOPへ