空気環境測定

環境測定・検査測定

空気環境測定イメージ

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(略称:建築物衛生法、ビル管理法)により、床面積が3,000㎡以上(学校は8,000㎡以上)の大規模な建築物は空気環境測定を行うこととなっており、当社では、建築物衛生法に基づいた環境測定を行います。

 

対象となる特定建築物

  • 事務所、店舗、遊技場、美術館、博物館、図書館、集会場、百貨店、興行場等
  • 旅館
  • 床面積の合計が8,000㎡以上の学校(学校教育法第1条の学校)
  • 学校教育法第1条に規定する学校以外の学校(研修室を含む)

 

空気環境測定

建築物衛生法に定められている特定建築物は、空気環境の測定を2ヶ月に1回行わなければなりません。

空気環境の測定項目は、浮遊粉じん・二酸化炭素・一酸化炭素・温度・相対湿度・気流の6項目で、新たにホルムアルデヒドが追加されました。ただしホルムアルデヒドについては、特定建築物の建築・大規模の修繕・大規模の模様替を行い、その使用を開始した日以後最初に訪れる6月1日から9月30日までの間に測定することとなっています。

 

空気環境の管理基準値

項目

0.15mg/m3以下

1,000ppm以下

10ppm以下

17度以上28度以下 ※冷房時外気温との差を著しくしない

40%以上70%以下

0.5m/秒以下

0.1mg/m3以下(0.08ppm以下)

管理基準値
  1. 浮遊粉じん
  2. 二酸化炭素
  3. 一酸化炭素
  4. 温度
  5. 相対湿度
  6. 気流
  7. ホルムアルデヒド

 

空気環境測定イメージ

 

※測定結果に基づき、空気環境の改善について積極的なご提案をさせていただきます。

 

その他環境測定・検査測定

建築物衛生法に基づく飲料水検査も行っております。

昆虫の同定検査も行っております。

 

空気環境測定

環境測定・検査測定についてのお問い合わせは、
下記までお願いいたします。


沖縄サニタリー株式会社
電話番号:098-868-8458
E-Mail:info@okinawa-sanitary.com


お問い合わせはこちら

関連サービス

このページのTOPへ